FXはじめての挑戦!Top >  FX初心者用語 >  チャート 移動平均線

スポンサードリンク

チャート 移動平均線

チャートによく出てくる「移動平均線」

チャート分析においては最もシンプルでわかりやすい指標といえるかもしれません。
過去の一定期間の同じ時間の平均値を計算してグラフにしていったもので、
今が上昇傾向なのか、下降傾向なのかといった、全体的な相場の流れを知ることができます。

この一定期間が20日なら「20日移動平均線」
30日なら「30日移動平均線」といいます。
ローソク足で日足チャートを利用する場合は、一般的に75日移動平均線を使います。

この移動平均線には、短期移動平均線と長期移動平均線があります。
この2本線を見比べて売買のタイミングをはかるのです。

短期移動平均線と長期移動平均線が交わっている部分に注目します。
短期移動平均線が長期移動平均線よりも突き抜けて上昇していれば
「買い時」といわれています。
このクロスした部分を「ゴールデンクロス」いいます。

逆に短期移動平均線が長期移動平均線よりも下に突き抜けて下降していた場合
「売り時」なのです。
このクロスした所を「デッドクロス」といいます。

移動平均線は数ある「テクニカル分析」のなかでも大変見やすくわかりやすいので、
多くの人に活用されています。
FX初心者の方はまずこれを参考にされることをおすすめします。

とはいえ、文章にしてしまうととても簡単そうですが
実際の取引においては、なかなかタイミングがわかりづらいものです。
バーチャルトレードなどを利用して、何度か経験してみると
だんだんとタイミングがわかってきます。

しかしながら、いずれも相場の実際の動きからはやや遅れ気味です。
相場の転換のポイントを参考にする程度に考えておいたほうがいいかもしれません。


 ⇒日本では極少数の人間しか知らないFX手法を完全無料公開中!

スポンサードリンク




関連エントリー

FXはじめての挑戦!Top >  FX初心者用語 >  チャート 移動平均線


  • seo