FXはじめての挑戦!Top >  FX初心者用語 >  チャート RSI

スポンサードリンク

チャート RSI

FXのテクニカル分析の中にはRSIといわれるものがあります。
このRSIとは取引の過熱具合を示したもので、
多くの人が買っている、または売っているといった状況を
示してくれるものです。

これは、過去のある期間の相対的な価格に対して、いま現在の
価格が高いのか低いのかを判断したもので0〜100%の数値で示されます。

このRSIの見方は70%以上のときは買われすぎ、
30%以下のときは売られすぎていると判断します。

参考にする期間は、通常9日間や14日間で、5日間など短く設定することもできます。
取引業者のRSIシステムでは14日間で設定されているところが多いようです。
あまり短い日数で設定すると%の数値が簡単に上がってしまうので
あまり参考にならないからです。

RSIは上がっているのに為替相場が下がっているというような
「だまし」にあってしまうこともあるので
ある程度、長期的な日数で見たほうが、よい判断ができるといえるでしょう。

しかしながら、半年間、1年間という長さはRSIには長すぎます。
加熱具合をみただけで、半年後、1年後の為替相場を予想することは
非常に困難です。
長期的な日数とは1ヶ月程度が最適でしょう。

もちろん過熱気味の相場であっても、さらに上昇することは十分あり得ます。
加熱しすぎが悪いというものではないのです。

RSIチャート分析は、ほとんどのチャートソフトに導入されています。
しかしRSIだけをみて為替相場の方向性を決めるのはとても危険です。

ローソク足や移動平行線、トレンドラインなどを併用して使われることを
おすすめします。RSIで直前の加熱状態だけを見ていると
判断を誤りやすくなることがあるからです。

 ⇒日本では極少数の人間しか知らないFX手法を完全無料公開中!

スポンサードリンク




関連エントリー

FXはじめての挑戦!Top >  FX初心者用語 >  チャート RSI


  • seo