FXはじめての挑戦!Top >  FX初心者用語 >  チャート

スポンサードリンク

チャート

FX取引をするときに、とても重要なチャート。
チャートとは、値動きの変化や推移をグラフにして表したものです。

管理人はFXをはじめたころ、全くチャートがわかりませんでした。
チャートの重要性を知らずに取引をはじめるとは、無謀すぎました・・・
やはり、FXや株取引においてチャートは必須です。
面倒くさがらず、しっかり憶えておいたほうが後々救われます。

さて、チャートには「ローソク足」「移動平均線」「トレンドライン」「RSI」
などといったものがあります。
最も基本的なものは「ローソク足」といわれるものです。

これは、1本の線で「始値」「終値」「高値」「安値」を表しているのです。
これを考えた方は本当に素晴らしいですね。
これ1本で1日の為替変動の様子がわかるのです。

始値よりも終値のほうが高いときは白いボックス型になります。
その時間に値段が上昇したということを表します。

逆に始値よりも終値のほうが低ければ、黒いボックス型となります。
これはその時間に値段が下降したことを表しています。
そしてこのボックスの長さが長いほど、売買が激しかったということになるのです。

ローソク足にもいろいろな種類があります。
5分間の値動きを表した「5分足」
1日の値動きを表した「日足」
1週間の値動きを表した「週足」
1ヶ月の値動きを表した「月足」
1年分の値動きを表した「年足」

一般的に日足チャートでは、1日の始りと終わりを午前7時に設定しています。

短い期間になると、値動きの移り変わりを具体的に見ることができます。
そしてFXでは全体的な流れをみることも大切です。

チャートは相場の上昇、下降がひとめで分かるように色分けされています。
相場が上向きのときは白や赤で表されたボックスを陽線といい
下向きのときに黒や青で表されたボックスを陰線といいます。

このボックスの四角い部分は始値と終値を示しています。
ボックスの上下についている線はヒゲと呼ばれ、その中での最高値と
最安値を示しているのです。

 ⇒日本では極少数の人間しか知らないFX手法を完全無料公開中!

スポンサードリンク




関連エントリー

FXはじめての挑戦!Top >  FX初心者用語 >  チャート


  • seo