FXはじめての挑戦!Top >  FX初心者用語 >  逆指値注文とは

スポンサードリンク

逆指値注文とは

「逆指値注文」とは、損失をできるだけ最小限に抑えるための注文方法です。
今のレートよりも自分にとって悪くなったとき使う注文方法で、
このレート以上は損を出したくないというときに使います。

例えば、現在のレートが1ドル100円で上昇している場合に、自分では。
このままもっと105円くらいまでは上昇するだろうと予想します。
しかしながら、為替レートは自分の読みどおりに動くとは限らないものです。
逆に95円まで下落してしまったとします。そうなると5円の損失になります。
しかし、事前に損失を3円に押さえるため97円まで下がったら売るという
注文を出しておけば、損失は3円で抑えられるのです。

指値注文とは逆に、
現在のレートよりも高くなったら買う。
逆に安くなったら売る。
このように指値を設定しておきます。
下降トレンドになりそうなとき、損失がでそうなので早めに売るというものです。

このように損失の拡大を確実に抑えられるところが逆指値注文のメリットです。
また現在ある程度利益がでたので、取引を確定させたい。
というときにも使える便利な機能です。

FXでは大きな負けをださないことも重要なことです。
この逆指値注文をうまく利用して、リスク管理をしましょう。

逆指値注文のもう一つの機能として、為替差益を得るということができます。
相場が上昇していったとき、さらにまだ上昇すると考えたとします。
逆に下降傾向のときに、さらに下降し続けると考えたとします。
このようなときにも活用できるのです。

例えば、現在のレートが1ドル100円の場合。
113円で逆指値注文を入れる。その後実際には115円まであがったとします。
この場合2円の為替差益が発生することになるのです。
相場が大きく動きそうなときに、活用すると便利です。

 ⇒日本では極少数の人間しか知らないFX手法を完全無料公開中!

スポンサードリンク




関連エントリー

FXはじめての挑戦!Top >  FX初心者用語 >  逆指値注文とは


  • seo