FXはじめての挑戦!Top >  FX初心者用語 >  OCO注文

スポンサードリンク

OCO注文

FXで、ある程度のトレンドをよんでいても、先行きが絶対安心というわけではありません。
どんなときでも多少なりとも不安はあります。そのようなときに役立つ注文方法があります。

それは「OCO注文」というもので、One Cancel Otherの略で「複数注文」ともいいます。
指値注文と逆指値注文を、2つの注文を一緒にだせる、とても便利な注文方法です。
損切りと利益が同時に行えるというメリットがあります。
この注文方法を利用することにより、多くの人が利益を得ていると思われます。

「OCO注文」では2つの注文を同時にだします。
どちらか一方が成立した場合、もう片方を自動的にキャンセルしてくれるので、
今後、円高、円安どちらになるのかわからないような場合に両方の注文ができるのです。

それぞれ利益を得る注文と損が出ないような注文を1つずつした場合、
両方の取引とも成立してしまう可能性があります。
そのような事態も防ぐことができます。
OCO取引は、ローリスク、ハイリターンの注文ができるのです。

例えば、1ドル100円のときに105円になったら売りにだす。(指値注文)
95円になったら売りにだす。(逆指値注文)を同時にだした場合。
1ドル105円になったら売りにだす方が取引成立したら、95円の売りの方はキャンセルされます。

OCO注文ならば、取引のタイミングを逃すことはありません。

しかしデメリットもあります。

値動きが激しいとき、トレンドは上下に激しくゆれます。
例えば、下を99円、上を103円に指定しておいた場合。
上下のゆさぶりが激しくて、下の99円に触れてしまった場合、取引成立してしまうのです。
せっかくの上昇トレンドも活かせないのです。
ですから、値段設定が難しいので、上級者向けの注文方法ともいえるでしょう。

十分に取引に慣れてから使用したほうがよいかもしれませんね。

 ⇒日本では極少数の人間しか知らないFX手法を完全無料公開中!

スポンサードリンク




関連エントリー

FXはじめての挑戦!Top >  FX初心者用語 >  OCO注文


  • seo