FXはじめての挑戦!Top >  FX初心者入門 >  外貨預金メリット

スポンサードリンク

外貨預金メリット

外為法改正により、外貨預金に当初人気が集まりました。
その後、外国為替保証金取引(FX)が人気になってきました。

外貨預金とFXの違いとはいったいなんでしょうか。

外貨預金は高い預金利息を狙います。
FXはスワップ金利などで、2種類の通貨の金利差を狙って利益を得ます。

それでは具体的な違いを見てみましょう。
外貨預金の取扱業者は銀行になります。
一方、FXの取扱業者は証券会社や銀行などです。

取引については、外貨預金は、「買い」のみです。
「ドル」を買って預金します。
そして、外貨が上昇したときのみ利益を得られます。

FXは「売り」「買い」両方行えるので、柔軟に為替に対応できます。

為替レートについては、外貨預金は1日1回決められる固定のレート。
一方、FXは常に変動しています。
レートの上昇下降状況に応じて柔軟に取引できます

レート情報は、パソコンや携帯電話からいつでも確認することもできるのです。
為替手数料は、外貨預金よりFXの方が10分の1〜20分の1程度と断然安くなっています。

取引時間については、外貨預金は銀行営業時間のみとなります。
それに対し、FXは24時間行えます。

FXには、レバレッジという元金の数倍を賭けることができます。
その分大きな取引を行うことができるのです。
同時にリスクも伴いますが、うまく運用すれば大きな儲けを得ることができます。

しかしながら、外貨預金にもメリットはあります。
外貨預金は、「高金利」ということです。
日本は「超低金利国」です。
ですから、金利が高い外国の通貨で預金すると日本の預金の何十倍もの金利がつくことがあります。

短期間では大きな利益は難しいです。
しかし長期間に渡って行う場合は大きな儲けを得ることもできるのです。

 ⇒日本では極少数の人間しか知らないFX手法を完全無料公開中!

スポンサードリンク




関連エントリー

FXはじめての挑戦!Top >  FX初心者入門 >  外貨預金メリット


  • seo